2011年1月25日火曜日

TV出演。

ナイバシャに現在も数多く残っている女子割礼(女性器切除)。

以前紹介した、男子割礼はHIV感染率60%減の効果が報告され推進運動がされる中、
女子割礼に関しては、撲滅運動が展開されている。

【以下、ウィキペデアより抜粋】
女子割礼とは、主に女性器の外性器(主にクリトリス)を切除することである。
場合によっては、膣の入り口を縫合し狭小化または封鎖するという処置も行われる。
その際、尿や月経血を出すための血さな穴を残し、少女の両足をしっかり縛って数週間傷が癒えるまで固定する。主に4~8歳の少女に行われるが、生後数日に行われた例もある。
 この割礼によって、結婚まで純潔・処女性を保つと信じられ、外性器を失わせることで、女性の性欲をコントロールできると信じられているためである。
 一般に母親や親族の女性に足を押さえつけられながら、その地域の伝統的助産師に麻酔なしで切り取られる。しかしその結果、さまざまな感染症を引き起こし、後遺症としては排尿痛、失禁、性交時の激痛、性行為への恐怖、月経困難症、難産による死亡、HIV感染の危険性などが挙げられている。

その撲滅活動をバイロンが個人的に他の機関と一緒に行っているということで、ついていくことにした。
なんでもコメディアン枠の参戦とあって、女性割礼撲滅に関してメッセージ性のあるドラマを、
相方のダニエルと共に演じるらしい。
バイロン、こいつは一体何者なんだろうか。


ジャパニーズコメディアン風に。
ダニエル・私・バイロン
どちらも、明らかにおもろい顔をしている


しかし、午後の2時に集合と聞いていたのに10時に「今からすぐに来るように!」
といきなりの電話がかかり、ひと仕事終えてからマタツで40分ほどの場所へ向かった頃には、
活動は全て終わった後だった。
バイロンたちも非常に観客にウケたのだろう、すでに満足そうな顔をしていた。

そして、そこにテレビ局が取材に来ていた。

イベント終了後にふらりと登場した私は、全く何の活動もしなかったのに、
日本人というだけで話題性があるため、カメラの前でインタビューに答えるよう即され、
責任者の女ボスと2人でカメラの前に立ち、
終始笑顔で活動の重要性をスワヒリ語で答えたのだった。

取材後すぐにTVクルーの車に乗せてもらい
さっき40分かけて来た道を戻り、今日初めて会った女ボスの事務所に行った。
キバキ大統領と握手している写真から始まり、多くの紙面に登場している女ボス。
非常に元気がよく、みんなからの信頼も厚そうだ。
自分の活動が掲載された新聞記事と共に。
記事の左が女ボス・エスタ&右がオバマ婦人

女児から女性まで、あらゆる女の立場改善に取り組んでいる人らしい。
今後、自分がやりたい活動とも一致している点が多いため、
その打ち合わせに再度明日もお邪魔することになった。

Dr.杉下と出会ったその日、
「メディアを何とか巻き込んで旋風を巻き起こしたいもんだ。」
と、同期隊員と話していた矢先、

昨日のマタツでたまたま両隣りに乗り合わせたのがテレビの編集者で話を聞いてもらうことができ、
それに引き続き今日もTVのディレクターに話を聞いてもらうことが出来た。

ケニア旋風。
何かしらやってやろうと考え中である。



以上、現場からシミズがお伝えしました~!












2 件のコメント:

Kofi Jun さんのコメント...

芸能人、MIHARUへ。

タダ者ではないとうすうす思っていたが、まさかこんなにも早くデビューするとは…。

バイロンやダニエルとのダチョウ倶楽部ポーズに、今春ブレイクの予感が漂います。

こんな先生に教えられた若者たちは、幸せよ。

MIHARU さんのコメント...

>Kofi Junちゃんへ

まずはローカルからってことで
ナイバシャ版AKB48の路線で攻めていくわ。

身近なアイドル!?
NVS1(Naivasha only 1)的な。

先生といわれると、つらい~。笑