2010年12月2日木曜日

世界エイズデー。

今日、12月1日は世界エイズデー。

昨日決めた行き先、刑務所に行ってきた。

病院で月1回活動しているユースグループ(HIVについてサポートする青年団)の若者約20人程とナースと共に、毎日服役囚たちが運ばれてくる大きなバスに乗せてもらって向かった。




日本の刑務所には行ったことがない。


数日前に「ショーシャンクの空に」で見た映画の世界の刑務所が、

私の知っている刑務所の全てである。

行ってみたら、そのイメージ通りの刑務所だった。

ケニアで2番目の規模となる大きな敷地の中には、いつも病院で見る縦じまの囚人服を着て
与えられた仕事をこなしている多くの服役囚がいた。
殺人、レイプ、強盗など、ありとあらゆる犯罪を犯した人々が収容されている。

彼らによって庭の手入れも非常に念入りにされていて、きれいなグランドでは線審のような位置取りで立っている刑務官に見守られてサッカーをしている服役囚たちもいて驚いた。

色んなものをマジマジと観察しながら、いよいよ今日のイベントを行う野外広場に続く最後のゲートを抜けた。そこでは約2,000人以上は軽く超えている服役囚たちが、私たちの上がるステージを180度取り囲んで大歓声で迎えてくれた。

全員、男。

この迫力は満点で、マジで、恐ろしかった。


その後、服役囚たちの代表が爆音の中で歌とダンスを披露。

その完成度、超高し。
どのように練習して、この日を迎えたのだろう・・・。

整った音響設備を操作しているのも、ドラムやベースを弾いているのも、流暢な司会を進めているのも、全て服役囚である。

大人の服役囚たちはまるで学校にいる学生のような雰囲気で、刑務官たちも学園祭で張り切る学生たちを温かく見守る教師のような雰囲気で協力している。

ダンスは飛び入り参加もOKで、サポートグループのメンバーと多くの囚人とが次々に入り乱れて踊りまくる光景は、何とも言葉にし難いものだった。

続くドラマ(演劇)では、HIV/AIDSの感染から発覚、治療までのストーリーを女装をした人も含めて演じる。
とにかく1人の日本人を除いた全てのケニア人が何度も爆笑していた。

てっきり、こちらのユースグループが様々な催し物を披露するものだと思い込んでいたのに2時間以上は服役囚たちの披露が続いた後、ようやくユースグループの番が回ってきた。

行きのバスの中からみんなを爆笑させて、ユニークなダンスも度々披露して、みんなの人気者のバイロンのポエムから始まった。
で、これがまたすごかった。
ポエムというより演説のようで、服役囚の中を歩き回ってはHIVに関しての訴え、ケニアの未来に対しての希望、ここにいるみんなの平和を熱く30分ほど絶叫していた。
何度も拍手が沸き起こる中で終了し、バイロンに握手を求める人が殺到していた。

その後、再びドラマが始まったが土砂降りの雨に見舞われてしばらくの間待ってみるものの、結局止まずに終了。その間、小雨になるたびに、またもやみんなが雨の中で踊りだす光景は異国にいる実感を十分に持たせてくれた。

非常に、刺激的な一日だった。



「ショーシャンクの空に」で、40年服役中のレッドがいった言葉。

「最初はあの高い塀を憎む。しかし、何十年もこの中にいると今度はあの高い塀に頼る。
あの高い塀が俺たちを守っていてくれるとさえ思うようになる。
外の世界には俺の居場所はない。塀の中でこそ、俺は俺として存在出来るんだ。」

多分、こんなようなことを言っていた。


今日を振り返って感じたこと。


塀の中にも、確かに、ひとつの社会が存在していた。

ダンスの上手い人、歌の上手い人、面白い人、・・・・。

ひとつの社会の中で、皆に存在を認められて、自由で輝いているようにさえ見えた人たちがいた。


この人たちの過去に何があったのかは知らない。

この人たちによって、どれだけの人が犠牲になったのかも知らない。


塀の中で規制をかけられてこそ、自己のコントロールができる人々。


ここでの生活が、塀に頼らない人生に繋がっているものと信じたい。

被害者や、遺族の立場で、今日の光景を見たら、どんな感想をもっただろうか。

言葉がわからないと、余計に色々なことが頭をよぎる。


HIVをテーマにしたイベントで、多くのケニア人のエネルギーに触れることができた。

来年はどんなエイズデーにしようか。と今から構想を練りたいと思う。




0 件のコメント: