2011年3月1日火曜日

卒業おめでとう。

自分の直感のみに任せて、ふらふらと活動している。ような、毎日。

知れば知るほど、知らないことが増えていく。
おかげで興味が尽きることはない。
自分が興味をもつ絞られた焦点に深くどっぷりとはまっていくケニアの生活。

ケニアをTVや本でしか見たことがなかった時は、ケニアがどんな国であるか説明しやすかった。
しかし今は、説明するのが難しい。

それでも約1年後に、たかが2年しか生活していないケニアを知ったつもりで帰るよりはずっといいと思っている。

自分の中で落としどころのないような現実をもっともっと見ていきたい。

それを考え続けることで、感性が磨かれる。

最終的にその答えは、いつも自分の中から絞り出す。


3月1日。

今日は、教え子たちの卒業式。

ケニアに行くことが決まっていた学校生活の中で、目の前にいた彼らからもらった刺激がいっぱいあった。

高校卒業という節目の今日。
彼らの目の前には、一体どんな夢が広がっているのだろうか。

家を出て知ることが、いっぱいある。
学校を出て知ることが、いっぱいある。
日本を出て知ることが、いっぱいある。

そして、

家を出て初めて考えることが、いっぱいある。
学校を出て初めて考えることが、いっぱいある。
日本を出て初めて考えることが、いっぱいある。

日本の様々な組織で繰り返される複雑な出来事に、
世界の様々な国で同じ人間が営むシンプルな生活の中に、
学ぶ環境はいつも誰の前にも広がっている。

興味が湧けば、そこに身を置き、
心をひらいて、自分の目で確かめてほしい。

客観的になんてならずに
思いっきり主観的に
自分の心で感じてほしい。

そこで実感したことこそが自分の本当の力になる。

そこで磨いた感性が、次の感動をまたさらに大きいものにしてくれる。


自分が高校を卒業したとき、
30歳の自分がケニアにいるなんて想像もしなかった。

しかし、色んな物事や人との出会いを経た結果、私はここにいる。

彼らの15年後は、彼ら自身の想像をどう超えてくるだろうか。

想像を超えるところにこそ、新しい気づきがあり、感動がある。

これから先、世界や日本や滋賀を盛り上げていく彼ら。

そんなこれからの期待が持てる彼らとの日々に感謝したい。

ありがとう。

いつまでも応援しています。


卒業、おめでとう。



4 件のコメント:

sari-j さんのコメント...

私ももうすぐ初めての卒業生を送り出すよ。
多分号泣だね。
卒業っていいよね。
悲しいけど、新しい道がその先にある。
自分の人生を切り拓く瞬間って楽しすぎるよね。

東 秀典 さんのコメント...

東です!お久しぶりです!
先生のメッセージ読ませて貰いました!有り難うございます!

実は僕…大学落ちました(^^;)それで、自分はこれからどうしていくのか、真剣に考えました…
浪人も勿論考えたし、先生と出会ってから特に強く思い始めた、海外支援の世界に進む事も本気で考えていました。でも、最終的に、いろんな選択肢の中から次のスタートとして、僕が選んだのは家を出る事です!家を出て東京へ行こうと思っています!世界と日本を繋ぐ東京という所で、自分の力で生き抜いていく…今自分が身を置いている生ぬるい環境から出て、一日一日、身を削られながら必死に生きて行かなければならない、そんな環境に身を放り込むことが今の自分には必要やと思いました。また色んな人や色んな物に出会って、色んな事が起こる中で今まで持っていなかった新たな感性を磨けると思います!感性を磨いた上で世界を見たらまた今とは違う見方で世界を見ることができるんじゃないかなと思うし、その頃には、もしかしたら、また別の目標や思いを持っているかもしれません!とにかく、受動的な今の自分を変えるべく東京へ行こうと思っています!
こんなことを家族で何回も話していました!その中で先生のメッセージを読ませて貰ったので、本当に驚いたし、本当に嬉しかったです!
清水先生のメッセージもそうですが、本当にたくさんの人が僕の背中を押してくれます!中澤先生も最後涙を流して僕と握手をして「頑張れ!」と言って下さいました。本当に多くの人に思ってもらい、支えられていることを実感しました!先生が言うように、これから先、自分を何が待ち構えているか全く想像もつかないし、それこそ十数年後、自分がどうなっているかなんて、絶対に解りません!でもこうやって多くの人に思って貰い、支えて貰っていることを絶対に忘れずに、自分の道を進んでいきたいと思います!! 
長くなってしまってすみませんでした(*_*)
後、自分の中で海外支援に対する気持ちは変わりないので、またいつか必ずその世界を覗いてみたいと思っています(^^)なので、その時はまた相談させて下さい!
それでは、清水先生も頑張って下さい!有り難うございました!

MIHARU さんのコメント...

>sari-ji
もうすぐ卒業式かぁ。
再会したときの楽しみを考えてたら全く涙が出んかった初の卒業式を思い出すわ。
生徒にたいそう残念がられました。
その後の喪失感はひどかったけど。

3年間を振り返る素敵な一日にしてね!
また話しましょ!

MIHARU さんのコメント...

>東へ
おおおぉぉぉ!!!!!!!
東やないかぁ!無事、卒業したんやな(笑)
停電の一夜を経て、今このブログを見て驚愕しました。
さすがアンタ!ただの東高生ではなかったな!
超進学校の東高生なら普通ここにこんな長いコメントは書かん(笑)
しかし、とてもうれしかったのは間違いない!

言葉ってのは不思議なもので、同じ言葉でも、聞くタイミングやもらう人によって、心にすーっと届くときと、そうはいかん時があるから、みんなの卒業に向けて送った言葉が東の心にしっかり届いたことがこのように知れて私はとてもうれしいです。
進路のことについては何が正しいなんて誰にもわからんことやからな。
迷った末に全体の流れにただ乗るのではなく、考えて東自身が一歩踏み出したということが、何よりも素晴らしいことやと思います。
ところで、あなたに直接メールをしたい場合はどこにすればいいのかしら?手紙だと結構な時間がかかるので。
gutssmile@gmail.comまで送ってください。待ってるで!

ケニアでも、待ってるけど~!?