2010年10月22日金曜日

産婦人科。

先週は産婦人科にも連れて行ってもらった。

私の同年代には2~3人兄弟が多かったが、生涯に一人も産まない女性もいる日本。
ケニアでも高学歴の病院の同僚たちと話すと、養育費がかかるから子供は2~3人がベストだと日本人のような感覚の人もいれば10人以上産む人もいるケニア。

その中で、国別の平均を表した合計特殊出生率(一人の女性が一生に産む子供の平均数)を比べてみると、
日本 1.27(世界190位)
ケニア4.96(世界28位)
と、大きく違う二国。

ひっそりとして灰色のイメージの一般病棟とはガラリと変わり、産婦人科病棟はノリノリのケニアンミュージックが鳴り響いて陽気な雰囲気だった。

朝から廊下にずらりと並んでいた約20人あまりの母親に抱かれた赤ちゃん。
それはつい昨日、産まれたばかりの赤ちゃん達。
なんと、今日。母親と家に帰るらしい。

ケニアでは、陣痛が始まってから病院に行き出産、その次の日には退院するのが普通とのこと。

うちの病院には大部屋が3つあり、①産前の人の部屋②産後の人の部屋③分娩室
そして、保育器のある小部屋がある。①②はベッドをシェアしている人もいる。

そして、お気づきでしょうか、③。

何も知らずにふらりと入った大部屋がまさかの分娩室。
そこで、カーテン全開でこっちに大きく脚広げ、お下を縫製中の出産直後の母親と目が合う。
ことの、驚き様
依然として堂々としたままの母親と目が点になる私。

出産経験のある妹にこのことを話すと、産んだ直後は誰かにみられてどうこう、という次元をはるかに超えているため、そんなことはどうでもよくなるらしい。

そっちはどうでもよくっても、こっちにはそれなりの心の準備ってものが・・・。

しかし、そんな境地に行きつく出産。まさに、未知の世界である。
そして、病院の敷地内のそこらじゅうで目にする授乳中の母親たちの存在。
この間など、血圧の測定中も授乳する母親がいた。
まさに、母親は強し!

しかし、翌日に退院する話を妹にすると「私やったら、死んでる。」との回答だった。

10人以上子供を産んだ人の話によると、8人目くらいから、もう痛くなくなるらしい。

スゴイことになりますやん。としか、いいようのないこの情報。

しかし、7人目と8人目の間に、一体何が起こるのだろう。
知りたい人、是非トライして私に教えてほしい。

ボコボコ子供が産まれているという印象を強く受けた、産婦人科だった。
命の産まれる現場は、やはり活気があっていいものです。


0 件のコメント: