2012年3月15日木曜日

お断りされた布ナプキン。



どの学校や地域やサポートグループでも、大歓迎を受けた「布ナプキン」。

昨年には2つのプライマリースクール(小学校)では、紹介だけでなく実際に実技指導も行った。

対象は約30名の女子生徒。



学校には針もない、糸もない、

ハサミもない、材料もない、・・・ということで、
布はこちらで全て裁断して持参。

たった15分程で一人で出来る事前準備を怠ると当日は所要時間が5倍程に膨れ上がる。

これをエイズ講座とあわせて行うと

少なくても計4時間はかかってしまうということで、

さすがに心が折れて2回で終了した。



その後の巡回授業では10分間の紹介のみに移行した。


そんな安くてかわいくて大人気の「布ナプキン普及活動」だったのだが、

今までで唯一きっぱりとお断りされた施設があった。


「マダム、うちには支援が十分行き届いていて、

 外国からの支援で使い捨てナプキンもいっぱいあります。

 それよりも私たちに宿泊施設を建設してください。」



実はこれ、以前紹介したエイズ孤児院の所長さんの言葉である。


その施設に支援しているアメリカの団体も

運営している所長も、

「布ナプキン」を紹介しようとしている私も、

多分誰も悪くない。



これには色々考えさせられた。

0 件のコメント: