2012年3月15日木曜日

空回りマスターの躍進。

ジョンの母校に授業に行った際のこと。

あまりにもジョンが暇そうにしていたため女子生徒60名への布ナプキンの紹介を任せることにした。 

前日に他の学校で私が10分ほどで紹介する様子を見ていたのに、ガッチガチに緊張するジョン。 

「15分で十分かな。」といったのに、実際は55分間もかかってしまった。 

序盤にまさかの「みなさ~ん、何年生から生理になりましたか?」の全体質問で、
完全に女子生徒をドン引かせて砂漠地帯からのスタート。 

沈黙が耐えられない彼は、終始しゃべりまくり。
絶対に必要じゃないと思われる女子生徒に扮した「生理にまつわるショートコント」もふんだんに盛り込み、
さらに静かで暗い所にめり込んでいったジョン。

私はそんな彼を笑顔(半笑い)でただ見守った。 

どこが重要なのか、わからなくなる「布ナプキン」の紹介。
こればっかりは言語が上手でないほうが、言葉少なく選ぶだけに端的にストレートに伝わるなぁ、と思った。
これが彼が空回りマスターと呼ばれた由縁の出来事。 

しかし、ジョンのすごかったところは終了後に私にコメントを求めてきたところ。

 「何分間かかった?
 自分が何話していたか、途中わからなくなってまとまらなくなったんだ。MIHARUから見て、どうだった?」 
と、聞かれたので、

「人に伝えるために一番大事なジョンの熱意は十分伝わった。 話した文章を80%削ればエキスパートになれるかもしれないよ。」と、伝えた。 

それから早1カ月程がたとうとしているが、 その後のジョンの布ナプキン普及活動への積極的な姿勢はブログの通り。 

先週の水曜と今週の月曜には、女性グループやリーダーを集めて講習会を開いたとメールがあった。

「これから布ナプキン講習会を開くよ。 MIHARUが一緒にワークショップをやったおばちゃんたちも先生役で3人来てくれるんだ。」

「無事に終わりました。素晴らしいきっかけをありがとう。」 

提供する側には少なからず経費もかさんでくるこの活動。

自分たちでやりぬく術を見つけながら、 ジョンにはこれからもっと世界を広げていってほしいと願ってやまない。

0 件のコメント: