2010年6月30日水曜日

待つこと。


待つこと。に随分慣れてきた。

ケニアに来てようやく1週間が過ぎたが、ここでは「とりあえず待つ」ということが多い。

先週末に行った国立公園では、
レストランに入って注文後おしぼりが出てくるまでに1時間、
料理が出てくるまでに1時間半、
チェックを請求してレシートが出てくるまでに30分、
と普通に待った。

この「普通」というのは、ケニア人の態度からは全く申し訳なさそうにしてる気配が感じられないという意味。
彼らにとって1~2時間の遅れなど、日常のことらしい。
その後予約したタクシーに乗って帰ることになったが、
タクシーが約束の時間から遅れること1時間半、やはり待った。

その日の待ち時間の合計4時間半。

・・・・・。

ところで今日は6月30日水曜日の午前11時すぎ。
なぜ平日の昼間から悠長にブログを編集しているのかというと、今日だけではなく実は昨日から全く何もしていない。

昨日は10時から国の省庁へ表敬訪問の予定。のはずが、
担当者不在とわかり12時半まで事務所待機。
結局、他の日に変更になり、解散。

今日は関係機関に表敬訪問のため9時に到着。
担当者不在とのことで、5時間後の午後2時頃まで宿舎で「とりあえず待つ」状態。


予約を何度も確認してもらい正装して現場まで行くのだが、他の隊員も含めドタキャンが面白いほど続く。
色んな場所をただ移動だけする日々。

掃除したり、ネットしたり、UNOしたり、スーパーへいったり、読書したり、横になったりして、
誰からも、せかされることなく
今日も、多分明日も「とりあえず待つ」。
こうして異国の感覚に慣れていくのかと思う。

2年後ちゃんと日本の社会に復帰できるのか、もうすでに危うい。


1 件のコメント:

sachie さんのコメント...

最初の頃のガッツはどんなこと書いてたのかなと興味で読んでみたら、大うけ。
家族も読んで家族にも声出して読んであげて、家族も大うけ。

で、2年後 ガッツは今、日本社会に戻れているのだろうか?
保護者面談だけど、担当者(ガッツ)不在ですとか、やっちゃうのだろうか?

ああ、おかしかった、このブログ。